自宅で植えている花や野草を使ったドライフラワー


春頃からしばらくドライフラワーにはまっています。

いろんな花でドライにしてきて思ったのですが、
花によってドライフラワーにしやすい花と、しにくい花があります。
作ったのはアザミ、タンポポ、ミニバラ、つばき、ネモフィラ、アカツメクサ、菜の花、桜など。
特にアザミは、生えている時から花が乾燥ぎみで、花や茎も硬いため、とても簡単にできました。
ただ、花もトゲトゲしていますが、
茎や葉っぱの部分に強めの感じのトゲがたくさんあって、痛いので注意です。
今回はシリカゲルを使って作りましたが、アザミは花がかたくてしっかりしているので、
風通しの良い場所で逆さに吊るして放置しておくだけでも、
色も形もそのままにきれいなまま出来上がりそうな気がします。

王道ですが、バラは存在感があって、かわいいです。
薄いピンクのミニバラは特に可愛らしくしあがりました。
ツバキのピンクも色もそのまま発色し、綺麗にできました。
赤のツバキとか、紫色のバラの色の濃い花だけは
ドライフラワー用のシリカゲルを使用したのにも関わらず、
なぜか花そのままの色が保てず、色が汚くなって、赤黒い感じになってしまいました。
何個作っても同じ結果でした。

乾燥させた花を瓶に入れて並べると、自己満だけど、けっこうかわいいです。
手前の小さい瓶のは、ドライフラワーを作っている最中に破れてしまった花びらです。
もっとたくさん並べたいのですが、この写真の形状の瓶がけっこう値が張るので、もう少し安いのがないかなぁと思っています。

のちのち、ボタニカルキャンドルや、ワックスバーなど作って、その中に自作したドライフラワーを入れる予定です。
はまっているおかげでスーパーに行った時に花のコーナーできれいな花を見つけたり、ホームセンターなどで珍しい花を見つけると、めちゃくちゃ買いたくなります。
先日、アリウム ギガンチュームとひまわり、スモークツリーなどを見かけて、かなりドライにしたい欲がそそられました。
小さい花ばかりドライにしてきたので、大物にもいつか挑戦したいです。
大物をたくさんドライにして天井からぶら下げたりしたいです。

長くなったのでドライフラワーの作り方やコツなどの詳細についてはまた次の機会に記載したいと思います。


Warning: printf(): Too few arguments in /home/k24s3p3j20/hcsoca.com/public_html/wp-content/themes/fluid-magazine/inc/extras.php on line 82

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です